>  > 【★送料無料】 【カキモト 柿本改】KAKIMOTO マフラー【 GT box 06&S 】日産 マーチ NISMO-S K13改 N443100

【★送料無料】 【カキモト 柿本改】KAKIMOTO マフラー【 GT box 06&S 】日産 マーチ NISMO-S K13改 N443100

チェックポイント機能とは、フロー実行中の実行データを保存する機能です。実行データを保存するポイントのことをチェックポイントと呼びます。チェックポイント通過後にフロー実行でエラーが発生した場合には、再度そのチェックポイントからフローを実行することができます。また、各チェックポイントにはステータスを設定できますので、フローがどこまで処理されているかといったようなフローの進捗状況を簡単に把握できます。

【★送料無料】 【カキモト 柿本改】KAKIMOTO マフラー【 GT box 06&S 国内メーカー 】日産 マーチ A/T NISMO-S K13改 N443100

フローでチェックポイントを使用するためには、チェックポイントのステータス情報を保存するためのRDBサーバーと、実行データを保存するためのディスクが必要となります。
現在対応しているRDBサーバーは次の通りです。

RDBサーバーと接続するためのRDBのユーザーは、チェックポイント機能専用のユーザーを使用することを推奨します。また、必要なディスク容量につきましては、チェックポイントで保存するデータ量、リクエスト数 マツダ CX-5 テールライト Smoke Fits 2013-2015 Mazda Cx-5 Lumileds Led Perform Tail Lights Brake Lamps L+R 煙がテールライト、ブレーキランプL + Rを実行して2013年から2015年のマツダCX-5 Lumileds社のLedに適合します、過去のデータを保存する日数などに依存しますので、システム要件に合わせてテストを行いお見積りください。

次に、フローサービスでチェックポイントを使用するための設定を以下の手順で行います。

  1. 管理コンソールの「設定」-「コネクション」-「データベース」-「RDB」設定で、使用するRDBサーバーと接続するためのRDBコネクションをシステムコネクションとして作成します。
  2. 管理コンソールの「設定」-「サービス」-「フロー」-「チェックポイント」設定で、「チェックポイント用コネクション」として前項で作成したシステムコネクションを選択し「更新」ボタンをクリックします。
  3. 管理コンソールの「ツール」-「サービス」-「一覧」で、「FlowService」を「停止」した後に再度「起動」します。
これでフローサービスでチェックポイントを使用するための準備は完了です。

メモ

チェックポイントで保存する実行データを格納する場所は、管理コンソールの「設定」-「サービス」-「フロー」-「チェックポイント」設定の、「チェックポイント保存フォルダパス」項目で指定できます。絶対パスによる指定ができますので、サーバー管理外のフォルダを指定することもできます。

使用方法

フローでチェックポイントを使用するには 、開始コンポーネントの「チェックポイントを使用」プロパティを「はい」にします。「はい」にすると開始コンポーネントの右上に赤いピンマークが表示されます。このとき、開始コンポーネントは自動的にチェックポイントとなります。そして、開始コンポーネントがチェックポイントであるフローをチェックポイントフローと呼びます。

開始コンポーネント以外にフロー内にチェックポイントを配置したい場合には、フローデザイナーのパレットで「コントロール」タブを選択し、CheckPointコンポーネントをフローに配置します。

CheckPointコンポーネントは、どのような種類のコンポーネントの直後にも配置することができます。また、1つのフローの中に配置できるCheckPointコンポーネントの数に制限はありません。

注意

次の場所ではチェックポイントフローを使用できません。

  • サブフロー
  • Nextフロー
  • エラー処理フロー
  • パラレルサブフローコンポーネントで呼び出されるフロー
  • FlowInvokerコンポーネントで呼び出されるフロー
  • Timerコンポーネントで呼び出されるフロー
  • メール監視起動のフロー
また、次の場所ではCheckPointコンポーネントを配置できません。
  • ループ処理内
  • パラレル分岐処理
パラレル分岐処理は、分岐処理が終わってストリームが1つになった後であればCheckPointコンポーネントを配置することができます。


Mutexコンポーネントでロック中にCheckPointコンポーネントで実行データを保存しても、再実行時にはロックは解除されていますので、Mutexコンポーネントでロックした場合はアンロックするまでの間にCheckPointコンポーネントを配置しないでください。


※ストリーム変数はデータ保存対象外となります。

再実行

チェックポイントフローの実行状況は Bellezza/ベレッツァ シートカバー S-MX RH1/RH2 プレミアム 本革&PVCレザー ダイヤブロック×ライトベージュ(アイボリー)、管理コンソールの「状態」-「フロー」-「ステータス一覧」で確認できます。フローの実行がエラーとなったリクエストは、この画面の右側にある再実行アイコンで再実行できます。

管理コンソール以外にも、flow-ctrlコマンド、フローサービスAPI PITWORK ピットワーク トヨタ フロント ブレーキパッド 【 ハイエース レジアス,ツーリングハイエース,レジアスKCH,LXH,RCH系 / 型式 KG-LXH49V / 排気量 3000 / 仕様 バン / 年式 97.04~02.05 / 内径 66.6 】 ブレーキ パッド パーツ 交換、SDKなどから再実行することができます。

注意

エラーとなったリクエストを再実行する前に、次の修正を行うとリクエストの再実行ができなくなります。エラーのリクエストがある場合は、次の修正を行わないでください。

  • プロジェクト名の変更
  • フロー名の変更
  • 開始コンポーネントやCheckPointコンポーネントの名前の変更(「ステータス」プロパティを空にしている場合)
  • 開始コンポーネントやCheckPointコンポーネントの「ステータス」プロパティの変更

リトライ

チェックポイントフローの開始コンポーネントで「リトライ回数」、「リトライ間隔(秒)」プロパティを設定すると、リクエストがエラーになった場合に「リトライ回数」で指定した回数分だけ自動的にリクエストが再実行されます。過去3日分のリクエストがリトライの対象となります。

管理コンソールの「状態」-「フロー」-「ステータス一覧」でリトライの状況を確認することができます。
リクエストがエラーとなり、リトライを待っているリクエストは「リトライ待ち」のステータスとなります。
「リトライ回数」で指定した回数リトライされて、それでもエラーとなったリクエストは「エラー」のステータスになります。



メモ

「リトライ回数」、「リトライ間隔(秒)」プロパティは、初期値が「システム設定」となっています。 「システム設定」の値は、管理コンソールの「設定」-「サービス」-「フロー」-「チェックポイント」設定の、 「チェックポイントリトライ回数」、「チェックポイントリトライ間隔(秒)」項目で指定できます。


「リトライ回数」で指定した回数、リトライを実行してエラーとなったリクエストでも 【送料無料 ソリオ(MA26S)】 165/70R14 14インチ WEDS ウェッズ ヴェルバ ケヴィン 4.5J 4.50-14 MICHELIN ミシュラン エナジー セイバープラス サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、管理コンソールの 「状態」-「フロー」-「ステータス一覧」、flow-ctrlコマンド、フローサービスAPI、SDKなどから再実行 することは可能です。


リクエストのステータスが「リトライ待ち」の時にもリクエストの再実行を行うことができます。ただし、 再実行を行ってもリトライの回数にはカウントされません。

注意

エラーとなったリクエストで、「リトライ回数」「リトライ間隔(秒)」「別サーバーリトライ」プロパティを編集して保存しても、リトライ時には初回実行時に設定されていた値が使用されます。

トランザクション

チェックポイントフローでは開始コンポーネントの「トランザクション化」プロパティを「はい」にすることはできません。つまり、チェックポイントの前後でトランザクションは必ず途切れることになります。

また、チェックポイントで挟まれた処理の一部分をトランザクション化したい場合には、その部分をサブフローにし、サブフローの開始コンポーネントの「トランザクション化」プロパティを「はい」にします。

保存されるデータ

チェックポイントで保存される実行データは以下のデータとなります。

逆に、チェックポイントで保存されない実行データは以下のデータとなります。 セッション変数、アプリケーション変数は他のフローが書き換えている可能性がありますので、チェックポイントフローで使用する場合には注意が必要です。

注意

StreamPutコンポーネントで保存したストリームを、再実行時にStreamGetコンポーネントで使用する場合は、StreamGetコンポーネントのストリームプロパティを保存したストリームと同じ設定にする必要があります。

サーバー複数台構成によるリカバリー

開始コンポーネントの「別サーバーリトライ」プロパティに「はい」を設定することで、チェックポイントフローが動作しているサーバーで障害が発生した場合に、他のサーバーでリトライ処理を引き継ぐことができます。
詳しくは、【MI755】デイズルークス [H26/2-][B21A] ワイルドステッチ ベージュxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバーを参照してください。

注意

別サーバーでリトライされる場合、サーバー上のローカルリソースは自動でコピーされません。ローカルリソースを使用しているフローのリトライは正常に実行できない場合があります。次のような場合が該当します。

  • サーバー上のローカルファイルを操作している
  • DBやネットワークのパスにlocalhostを指定している
  • サーバー上のODBCデータソースを使用している
  • スケジュールを操作している

リクエストの復旧

リクエストの実行中に何らかの障害が発生しステータスが「実行中」のまま停止してしまったリクエストがある場合、フローサービスの起動時に「停止」へと変更されます。
変更されるときに次回のリトライ時刻が決定していない場合 送料無料 weds ライツレーXS 215/45R17 TOYO DRB 4本SET TRD採用ブランド プリウス ウィルVS、次回のリトライ時刻は、変更した時刻にリトライ間隔を足した時刻になります。

メンテナンス

チェックポイントで保存したデータを定期的に削除するためには、管理コンソールの「ツール」-「メンテナンス」-「ログ」の「スケジュール」設定でログ削除のスケジュールを設定してください。この画面の「チェックポイント保存期間」で設定した日数分のデータを保持し、それよりも過去のデータを削除します。

チェックポイントで使用するRDBで必要なメンテナンス(フラグメントの解消など)は、RDBサーバーで定期的に行ってください。

注意

リクエストのステータスが「エラー」の場合、つまりフローが異常終了したままの状態でも、削除対象となったデータは削除されます。

パフォーマンス

チェックポイントでは実行データの保存を行いますので、チェックポイントを通過する時に処理時間がかかります。また、

、ストリームの種類とストリームを作成したコンポーネントにもよりますが、チェックポイントを通過する時にストリームに格納されている実際のデータが使用するメモリの2倍程度を使用することがあります。特に、RDBGetコンポーネントで出力されたRecordストリームの場合は、RDBサーバー側で保持されているResultSetのデータもすべて読み込んで実行データとして保存しますので、チェックポイントを使用しない場合よりもより多くのメモリを使用することがあります。

また、再実行時には保存されているデータから実行データを復元しますので、フローが再実行されるまでに時間がかかります。さらに、

【★送料無料】 【カキモト 柿本改】KAKIMOTO マフラー【 GT box 06&S 】日産 マーチ NISMO-S K13改 N443100

、保存したデータの3倍程度のメモリを使用することがあります。

使用例

チェックポイントフローの使用例をいくつか次に挙げます。

 

RS-R RSR ダウンサス Ti2000 DOWN ヴェルファイア AGH30W T940TW


 
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-54133